歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

コーディアル通信

Vol. 7 今年もよろしくおねがいします
スタッフの皆様、お仕事ご苦労様です。今年も宜しくお願いします。私は仕事のせいか、年のせいなのかわかりませんが、最近かなり肩や肩から腕、腰が痛くなり、初めてカイロプラクティックというところに行ってみました。昔からマッサージやカイロは怖いイメージがあったのでドキドキでかなり緊張しましたが、首が少し曲がっていること、足の長さが違っていること、右肩が前に傾いてまいていることがわかりました。少々バキッと音がなりましたが、特に痛みもなく首と足のゆがみはなおりました。今のところ肩の痛みもすっかりとれて快調ですp(^O^)q
まだまだ寒さやお肌の乾燥が気になる季節は続きます。急激な温度変化から体調をくずしがちです。カイロや整体、マッサージに通えればいいのですが、なかなか時間がなかったりしますよね。おすすめはセルフ・ハンドケア・リフレクソロジーです。手には全身の器官が反射されているのでくまなく刺激すれば、間接的に全身に働きかけるのと同じ効果が得られます。簡単に紹介します。
○「肩こり」
・肩→小指の下の辺りを丁寧に押す。
・首→親指の付け根のところを、滑らせるようにやさしく押す
・頚椎(けいつい)→親指の第一間接と第二間接の間を押し滑らせるようにやさしく押す

○「冷え」
・リンパ→手の甲の指と指との間と手首をそれぞれ押し滑らせるように押す
・ソーラープレクサス(自律神経系のネットワークとなる部分)→手を軽く丸めるときにできる手のひらのくぼみ。ぐ〜と押す。
・脳下垂体(ホルモンバランスを整えるところ)→親指の第一間接の左斜め上あたりをぐ〜と押す

○「眼精疲労・目の疲れ」
・目→人差し指と中指の間の付け根あたりを逆の手の指で挟むように押す
・首→親指の付け根のところを、滑らせるようにやさしく押す
・肝臓(東洋医学では、ここの疲れが目の疲れになりやすいようです)→右手の小指と手首の間の広い部分を滑らせるようにやさしく押す

○「疲労感」
・甲状腺→親指の付け根の少し下の辺りを滑らせるようにやさしく押す
・消化器官→手の下の方全体

○「腰痛」
・胸椎と腰椎→親指の付け根から手首までを滑らせるようにやさしく押す
・腰→小指側の、手首の少し上の部分を押す

上のマッサージは右手から先にやったほうがいいそうです。
創造性や直観力を司るのは右脳ですから、右から始めたほうがリラックスしやすいらしいです。
そして、水分補給もお忘れなく。ぜひお試しください。
( 2009/1/28 )
ページの先頭へ