歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

コーディアル通信

Vol. 24 熱中症
こんにちは!コーディアル通信再開です(^O^)/
昨日おみえになった産業医の先生からのお知らせです★★★

この季節になりますと、作業場の温度があがり、熱中症を発症するケースが考えられますので、水分の補給を怠らないようにお願いいたします。
【ポイント】
自覚症状の有無に拘わらず、作業の前後、作業中の定期的な水分、塩分の摂取をしてください。大量に汗を掻く場合は、水分と同時に体内の塩分も失われています。塩分の補給も怠らないようにしてください。軽度の疲れが在る場合は、糖分の補給も必要ですので、スポートドリンクを摂ると、水分、塩分、糖分の補給を同時にとれますのでお奨めです。下記参照
軽作業や、体を比較的多く動かすお仕事に就かれている方は弊社から飲料を摂取する時間を設けていただける様にお願いします。作業の途中に飲料を摂取する時間を特に設定していない場合は、適宜ご自分の判断にて派遣先に断った上で、水分を摂取する適切な時間をとってください。(休憩の様にならない様に)
【注意】
喉の渇きを感じにくい方やトイレにたつのが億劫で水分をとらない方は特に注意が必要です。喉が渇いていなくてもまめに水分を補給してくださいね。
【作業時の水分補給】   【飲む量】  
○作業前:直前       ○作業前:250〜500ML   
○作業中:20から30分毎   ○作業中:200〜250ML   
○作業後:30分以内     ○作業後:喪失分の補給
【飲み物の組成】     【飲み物の温度】
○作業前:ただの水でもOK  作業中は5〜15℃が望ましい
○作業中:0.1%〜0.2%の食塩水
○作業後:0.1%〜0.2%の食塩水
( 2011/6/9 )
ページの先頭へ