歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

コーディアル通信

Vol. 21 夏バテ防止
スタッフの皆様お仕事ご苦労様です。
まだまだ暑い毎日ですね。気づかないうちに夏バテしていたということも多いので、この時期は
体調に気をつけてください。
暑くなると、だるくて食事をとらなかったり、寝苦しさで睡眠不足になりがちですが、栄養不足と疲れで夏バテしてしまいます。夏バテは慢性疲労のひとつなので、基礎代謝がおちて夏風邪や他の病気にかかりやすくなります。
また、冷たい水を飲みすぎたりすると胃酸が薄まり、胃の働きが悪くなり消化不良にもなります。
この時期の食事は量より質を考えましょう。

夏バテ予防のための栄養素と食材
<たんぱく質>しっかりした体をつくる
肉、魚、卵、乳製品、豆製品など
<ビタミンC>体の抵抗力を高めてくれる
キウイ、ジャガイモ、赤・黄ピーマンなど・・・夏野菜をとりましょう
<ビタミンB1>糖質をエネルギーに変えるのに必要。不足すると体がだるく、疲れやすくなる。
豚肉(特にモモ・ひれ)、ごま、うなぎ、大豆、かつお、いわし、玄米など
<ビタミンA>体の抵抗力を高めてくれる。
レバー、うなぎ、人参、かぼちゃ、赤ピーマン、にら
<香味野菜>硫化アリルという成分が含まれ、ビタミンB1の吸収をよくする。香りが食欲増進に。
玉ねぎ、長ねぎ、にら、にんにく、しょうが
<ネバネバ野菜>粘り成分が胃粘膜を保護し、弱った胃腸を守る。たんぱく質の消化吸収を助ける。
オクラ、山芋、モロヘイヤなど
<夏冷えには>発汗作用を促すものや、血行をよくするビタミンEなどを含むもの。
唐辛子、かぼちゃ、にら、にんにく、しょうがなど
<酸味の食材>食欲増進、疲労回復になる。
柑橘類、梅、お酢など

◎夏におすすめの食事
☆ゴーヤチャンプル☆
ゴーヤはビタミンCを多く含み、疲労回復と夏バテ予防に役立ちます。苦味成分が胃腸の調子を整えます。
そうめんなどの糖質ばかり食べていると、ビタミンB1が不足してだるさが増すことになります。
豚肉や豆腐、卵などの良質のたんぱく質がバランスよく使われているのでとてもおすすめです。
その他にも
☆豚しゃぶ(にんにくを薬味にして) ☆
☆レバニラ炒め ☆
☆卵とたまねぎのうな丼 ☆
☆豆腐の肉あんかけ☆
☆豚肉のレモン和え(豚肉をレモンに漬けたものをさっと炒めたもの) ☆
☆酢をたっぷりかけた冷やし中華(具に豚肉とねぎをたっぷり入れましょう)☆

こんな感じのメニューがおすすめですね。
どうしても食べられない時には、サプリメントでおぎなうのもよいかと思います。

( 2010/8/30 )
ページの先頭へ