歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

コーディアル通信

Vol. 12 梅雨ですねえ
スタッフの皆様、お仕事ご苦労様です。 先日、久しぶりに髪をきりました。髪形をかえるのはちょっと勇気がいりましたが、短くさっぱりしたので気分も良いです(^▽^)ノ
とはいえ梅雨入りして、なんとなくじめじめしていて嫌な季節ですね。
皆様は梅雨の対策はしてますか?
<お昼間に家にいない人の湿気対策>
お昼間に家にいないうちでは、梅雨入り前の対策が大切です。湿気対策のポイントをあげてみました。
○湿気対策の3ポイント
1:水まわりの準備は汚れ落とし。日頃のメンテは水分ふきとり!
キッチンやお風呂、洗面台などカビや雑菌の繁殖しやすい場所は、今のうちに汚れを落としておき、その後は、水滴のマメなふき取りで、カビをずいぶんラクに防ぐことができます。ついでにエタノール等の消毒液で拭き掃除までするとなおGOOD!
ルックきれいのミストキッチン用、浴室用などを仕上げに使うのも良いです(^^)
もちろん、汚れは今のうちにキッチリ落としておきましょう。
2:スーツは早めのクリーニング
湿気+汚れとカビの条件の揃った衣類にも要注意。早めのお洗濯やクリーニングで衣類を守ります。衣がえでクリーニングから返ってきた衣類は、ビニールカバーをはずして湿気がこもらないようにしておきましょう!
3:外出中も除湿対策
換気扇をつけっぱなしにするのも留守がちの家には有効な手。また、除湿機を寝る前の数時間と起きてすぐの数時間にかけておくと、快適に眠れます。また、クローゼットや押入れは湿気がこもりやすい空間。梅雨時は特に注意が必要です。外出中も、部屋のドアはぴちっと閉めず、少し隙間を残して空気の通り道を!少し開けた状態がこの時期はベストです。
<梅雨時期の体調管理>
梅雨の時期には、体調の変化が起こりやすくなります。梅雨の時期に起こりやすい体調の変化として、気分の憂鬱さ、体のだるさや疲れ、風邪をひきやすい、頭痛や食欲不振などがあります。
■天気予報をチェック!
最低気温と最高気温をチェック。気温差が大きいほど疲れが出やすくなったり風邪をひきやすくなります。夜の気温が下がりそうなら1枚余分に持って出かけるなど、衣類で調整するようにするといいですね。
■晴れている日は外に出かける!
雨がやんでいるときは、なるべく外に出かけるようにしましょう。仕事中ならお昼休みに少しだけ散歩するのもおすすめ。太陽の光にあたるのは、体内時計を整え睡眠の質をよくする効果もあります。憂鬱になりがちな気分をリセットすることもできます。
■お風呂に入って汗を出そう!
38−40℃ぐらいのぬるめのお湯での半身浴がおすすめ。冷房の効いた部屋にいると、皮膚の末梢の血行が悪くなり、汗をかきにくくなります。外に出た途端、大粒の汗をかく人は汗腺の機能が落ちている可能性が。お風呂に入って、汗をたくさんかくと汗腺の働きがよくなるのです。これで上手に汗をかくことができ、熱を体に貯めにくくなります。汗をかくことで爽快感も得ることができます。
体調不良を起こしやすい梅雨の時期。貯まっている疲れやだるさをリセットして元気に乗り切りましょう。
( 2009/6/30 )
ページの先頭へ