歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

コーディアル通信

Vol. 1 暑くて眠れない夜は・・・
暑い夜が続いてますが、皆さんはどのような工夫をして寝ていますか?
@冷房・除湿を使用
A窓を開ける、うちわ・扇風機を使用
B冷たいものを飲んで体を冷やす
C冷却グッズ(冷えピタなどなど)を利用
D吸汗・冷却効果のある服装にする
Eそのまま我慢
Fベッド・布団から出る
GTVや本を読んで眠気を誘う
Hお酒を飲んで眠気を誘う
I睡眠促進薬を服用する
いろいろ工夫はありますが、寝ている間は体温の調節機能が低下し、奪われた体温を生み出すための動作(震え等)もしていないことになります。 ここで、扇風機の風を直接身体に当てたまま寝ていると、どんどん体温が奪われ、最終的には、心臓麻痺などをおこすことがあります。
 では冷房は大丈夫なのでしょうか。冷房は、風を直接身体に当てて冷やすのではなく、部屋の空気自体を冷却して部屋全体の温度を下げ、空気中の水分を除去し、除湿することによりさわやかさを得ています。もちろん冷房でも、直接冷風を身体にあてていれば、扇風機と同じことになってしまいますので、絶対に冷風を身体に直接当ててはいけません。部屋全体を冷やして、しっかり布団を着て寝ることが寝冷え、夏風邪を防、熱帯夜でも、朝までぐっすり眠る方法だと思います。最近のエアコンには、「おやすみ制御」など、寝冷えを防ぎ、快適さを失わない機能などが付いたものが多くあります。これらを有効活用して、今年の暑い夏を乗り切ですね。
( 2008/7/25 )
ページの先頭へ