歯科衛生士の求人・求職なら人材派遣のライオンコーディアルサポート株式会社。紹介予定派遣システムで、歯科衛生士さんの職場探しをサポートします。

情報レポート

Vol. 24 改正派遣法情報
☆厚生労働省は改正労働者派遣法の「要綱」を公表しました。簡単にまとめると以下のようになります!

○登録型派遣(常用雇用する労働者でない者の派遣)の原則禁止(施行日:公布から3年以内+2年の暫定措置あり)
・派遣労働者の雇用の安定を図るため、常用雇用以外の労働者派遣の禁止。
・雇用の安定等の観点から問題が少ない以下のものについては禁止の例外とする。
@専門26業務
A産前産後休業・育児休業・介護休業取得者の代替要員派遣
B高齢者派遣(60歳以上) 
C紹介予定派遣

○製造業務派遣の原則禁止(施行日:公布から3年以内)
・製造業務への労働者派遣の禁止
・雇用の安定性が比較的高い常用雇用の労働者派遣は禁止の例外とする。

○日雇い派遣の原則禁止(施行日:公布から6ヶ月以内)
・雇用管理に欠ける形態である日々又は2ヶ月以内の期間を定めて雇用する労働者の派遣を禁止。
・日雇派遣が常態であり、労働者の保護に問題ない業務は政令によりポジティブリスト化

○労働契約申し込み「みなし制度」の創設(施行日:公布から6ヶ月以内)派遣先が、以下の違法派遣について違法であることを知りながら、派遣労働者を受け入れている場合、派遣先が派遣労働者に対して、労働契約を申し込んだものとみなす規定を創設。
@禁止業務への派遣受入れ 
A無許可・無届の派遣元からの派遣受入れ 
B期間制限を超えての派遣受入れ
Cいわゆる偽装請負の場合 
D「登録型派遣の原則禁止」に違反して、常用雇用する労働者でない者の派遣受入れ

○情報公開の義務化(施行日:公布から6ヶ月)
・いわゆるマージンなどの情報公開(派遣料金と給与額を明示)。
・派遣労働者として雇用しようとする者に対する待遇に関する事項等の説明。
・派遣元から派遣先に、派遣労働者が無期雇用か否かの通知をすること。
・派遣元が、派遣労働者の雇入れ、派遣開始及び派遣料金改定の際に、派遣労働者に対して、1人当たりの派遣料金の額を明示すること。

□□□労働者派遣法の改正に向けた経緯と見通し□□□
4月:参院・厚生労働委員会で審議 
5月:衆院・厚生労働委員会で審議
6月:衆院本会議で可決、成立
7月:改正労働者派遣法公布

4月:参院・厚生労働委員会で審議
5月:衆院・厚生労働委員会で審議
6月:審議途中で時間切れ、
秋の臨時国会で継続審議へ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※※7月11日見込みの参議院選挙、投開票※※


( 2010/4/13 )
ページの先頭へ